終末期の定義(厚生労働省/日本医師会)

終末期の定義(厚生労働省)

厚生労働省は、「終末期」について厳密な定義をしていません。
「どのような状態が終末期かは、患者の状態を踏まえて、医療・ケアチームの適切かつ妥当な判断によるべき」としています。

 

終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン

 

終末期の定義(日本医師会)

日本医師会は、「終末期」について厳密な定義をしていません。
「終末期は多様であり、患者の状態を踏まえて、医療・ケアチームで判断すべき」としています。

 

終末期医療に関するガイドライン

 

終末期の定義(全日本病院協会)

「終末期」とは、以下の三つの条件を満たす場合
1.医師が客観的な情報を基に、治療により病気の回復が期待できないと判断すること
2.患者が意識や判断力を失った場合を除き、患者・家族・医師・看護師等の関係者が納得すること
3.患者・家族・医師・看護師等の関係者が死を予測し対応を考えること

 

終末期医療に関するガイドライン策定検討会